image
( via Hypertext Transfer Protocol - Wikipedia, the free encyclopedia )

SITEINFOとは? - 近江在住

AutoPagerizeが自動的に次のページを先読みする際に使用する、サイトの必要最低限の構造をまとめたデータ。こんな感じ。

var SITEINFO = [
    /* sample
    {
        url:          'http://(.*).google.+/(search).+',
        nextLink:     'id("navbar")//td[last()]/a',
        pageElement:  '//div[@id="res"]/div',
        exampleUrl:   'http://www.google.com/search?q=nsIObserver',
    },
    */
    /* template
    {
        url:          '',
        nextLink:     '',
        pageElement:  '',
        exampleUrl:   '',
    },
    */
]

この例はAutoPagerize内の記述。サンプルとして出ているのはGoogle検索に対応している部分。urlは正規表現、nextLinkとpageElementはXPath式。exampleUrlは読んだままにAutoPagerizeを実行可能な実際のURLを示している。テンプレートが用意されていることからわかるように、 [ と ] の間に直接書き込んでもSITEINFOは機能する。